絶賛コメント続々到着!

綾戸智恵(ジャズシンガー)

 

「gigi~~」「wwhatt~~」

メインボーカル2人がまるでハードロック!

最後はギターの弦もブチ切れアンプから煙が!

ついに2人は疲れはててぐったりそして見つめ合う。Calm。

きれいごとや道徳で描けないのをパンクで見た。
人生は偶然だらけ、それをどう乗り越えどう受け入れ進むか。
エンディングは皆さんにあります。思い出すシーンもあり私涙でました。

映画は荒けずりだからこそリアルや!皆さん!えぐられるようなこの作品是非ご覧ください。

遠藤憲一(俳優)

 

人は人を、

国籍で見る人がいる。
容姿で見る人がいる。
心を見る人がいる。
そして生命(いのち)をただただまっすぐに見る人もいる。

この深いまなざしが、この映画にはある。

 

寺尾紗穂(音楽家・エッセイスト) 

 

父娘の話ながら、これは家族愛の物語ではない。

憎しみは捨てきれぬまま、目の前の人間の困難に手を差しのべる人間愛についての物語だ。

緊張をはらみつつ崩れゆく日常が夜の場面として描かれるなか

一際まぶしいラストの朝の風景が、人間の脆さの中に見出された希望のようにひたすら美しく、

挑戦的な状況設定と共に、映画にずしりとした風格を与えている。

光石研(俳優) 

 

微動だにしない画面の中、逃れられぬ現実と対峙する女。

全ての音が女の心が擦れる音になる。

プラスチックの音、玄関のきしみ音。

次、根岸さんとお会いしたら、強くハグしそうです。

Kriengsak Victor Silakong

(World Film Festival of Bangkok 映画祭ディレクター) 

 

『まなざし』は言葉やセリフは少なく、映像の持つ力で人の感情を動かす。

細部まで丁寧に作りこまれ、架空の物語を通して現実が見える。

多くの人に伝わる本当に優れた映画である。

くさか里樹(漫画家「ヘルプマン!!」週刊朝日)

 

これは親子の話。

越えられない重い事情がある。

でも、介護という関係になったとき、嫌が応にも向き合わされ、

抑えきれないものが剥き出しになり、やがて溶けていく…

寡黙な中に圧倒的なメッセージを感じました。

 

 

 

介護の世界を舞台に、人間ドラマを描く漫画「ヘルプマン!!」。胃ろう、認知症ドライバー、排泄など、長寿社会が直面するテーマに、熱血ヘルプマンたちが取り組む。

©くさか里樹(朝日新聞出版)


 

中田秀夫(映画監督)

 

「私はなぜこの人の子として生まれてきたのだろう?私は何のために生きているのだろう?」
答えが出ない問いを問い続け、それでも生き続けること。

終わらない「苦しみ」と、その中にある限りない「優しさ」を堪能しました。